従来のレーザー脱毛とは違う!メディオスターの魅力に迫ろう|最新の医療脱毛情報

メディオスターとは?

全身脱毛を受けるならこれ!

ムダ毛処理が面倒だと感じたら、全身脱毛を受けたいと考えるでしょう。しかし、受けたいと思っても現代には、沢山の全身脱毛を受ける方法があるのでどれを受けようか悩んでしまいます。そういった時におすすめしたいのは、最新の医療レーザー脱毛である「メディオスター」です。

根本から毛を生えさせないようにできる

メディオスターは、毛母細胞という毛穴の奥にある細胞を破壊するのではなく、皮膚の浅い部分にあるバルジ領域という部分を破壊できます。バルジ領域は、毛に栄養を与える部分でここにレーザーを照射することで発毛因子が破壊されて毛の再生が抑制されます。そうなると、毛が生えてこない状態になるのです。

成長期に合わせなくていい

これまでの医療レーザー脱毛は、毛の成長期に合わせて脱毛施術を受けていましたよね。しかし、メディオスターはバルジ領域が照射するターゲットになるので、成長期関係なく施術を受けることができます。そのため、早く脱毛効果を受けられることから評判がいいのです。

肌への負担がほとんどない

メディオスターは、肌への負担がほとんどありません。バルジ領域という皮膚の浅い部分にレーザーを照射するので、従来のレーザー脱毛のように強い出力が必要ないのです。それに、肌が弱い人もこの脱毛機器なら受けることができます。今まで肌が弱くて脱毛を諦めていたというのなら、ぜひこの脱毛機器を試してみてください。

気になるメディオスターの施術の流れ

カウンセリングを受けよう

脱毛を受ける時は、脱毛を行なう部位などのヒアリングが必要になります。また、この時に医師が肌質や毛質などを確認、アレルギーの有無など健康状態であるかどうかの問診も行ないます。他にも、施術の詳しい説明やアフターケアについての説明があったり、テスト照射が行なわれたりすることもあります。

マーキングと剃毛して準備

メディオスターで施術を行なう場合、レーザーの照射漏れを防ぐために照射する部分を専用のマーカーでマーキングします。施術前日までに、照射する部分に生えているムダ毛を剃毛しないといけません。ですが、もし剃り残しが合った場合は施術前に剃毛してもらえます。

メディオスターを照射する

準備が整えば、メディオスターを照射していきます。照射する時は、レーザーから目を保護するためにアイマスクを装着し、照射ヘッドの滑りを良くする為に肌へ専用のジェルを塗ります。医師は、この時に肌質や毛の状態を確認してレーザーの出力を調整してから照射します。メディオスターは、施術による痛みが少ないので麻酔を行なうことはほとんどありません。

アフターケアを行なって完了

照射が終われば、肌に塗った専用のジェルをふき取って施術が終了します。施術後は、アフターケアなどの説明を再度詳しく聞いて帰宅します。メディオスターは、他の医療脱毛機器と比べて腫れなどは起こりにくいですが、万が一のことを考えて説明通りのケアをしっかりと行なっておくのがいいでしょう。

問題が起こった時は…

メディオスターは、肌への負担がとても少ないのでトラブルが起こることは滅多にありません。しかし、場合によっては施術後に肌のトラブルが起こってしまうことがあります。その時は、すぐに施術を受けた美容クリニックに相談しましょう。一度診てもらって、薬などを塗り治療することができます。

<PR>
北千住で痩身の体験!
有資格者のスタッフが行なってくれます。

新着情報

広告募集中