脱毛できない部分はある?

今までの医療レーザー脱毛機器

これまでの医療レーザー脱毛機器は、体の部位によっては脱毛効果を期待できないこともありました。それは、産毛などの細い毛になります。細い毛は、毛母細胞がまだ十分に育っていないのでレーザーが反応せず、脱毛効果が期待できなかったのです。

メディオスターは違う?

これまでの医療レーザー脱毛機器とは違ってメディオスターは、産毛などの細い毛にも反応します。これは、毛母細胞ではなくバルジ領域に反応するからです。バルジ領域は、発毛因子が作られる場所となるので、その時点で阻止でき、細い毛でも脱毛効果を期待できます。

色黒や日焼け肌の人でも大丈夫

従来の医療レーザー脱毛機器は、黒に反応するので自肌が色黒の人や日焼けした肌の人だと施術を受けられませんでした。しかし、メディオスターは違います。これは、低温の熱を皮膚下に蓄積してバルジ領域へ徐々にダメージを与えてきます。そのため、メラニン色素などの黒に反応しないので肌の色関係なく施術を受けられます。

とにかく痛みがない

メラニン色素に反応する医療レーザー脱毛だったら、痛みを伴うことが多かったのですが、メディオスターだと低出力のレーザーで十分に効果を期待できることから痛みがほとんどないといわれています。ですから、脱毛できるところが限られておらず、痛みもないので今注目されているのでしょう。

広告募集中